眠っても疲れがとれない……
朝起きると、すでに疲れている

本来、寝ると疲れがとれてるはずが、

逆に、朝起きたとき、すでに疲れを感じている人が多いみたいです。
朝起きたときに、「あースッキリ!」ではなく、「う~~、疲れた~~」となると、その日1日のテンションが下がりますよね。

あなたが、気持ちよく感じる寝るときの姿勢はどれですか?

仰向け?横向き?うつぶせ?
バンザイ?ひざを立てる?まるくなる?

様々ですが、寝るときの姿勢でわかるカラダの状態を下記で紹介します。

{295EB13B-956B-40AE-9C9E-B6261940D291:01}

●うつぶせで眠る人
胃の調子が悪かったり、呼吸器系に負担がかかっている。

●バンザイで眠る人
頭の疲れ、首や肩に疲労がたまっている。

●右だけバンザイ
肝臓が疲れている。

●ひざを立ててる人
腰痛やひざの痛みがある。
カラダのどこかに慢性的な痛みを持っている人が多いです。

緊張した状態で眠りに入ると……

カラダが緊張していて、力が入ったまま寝返りを打たずに寝ていると、カラダはもちろん、心も緊張が抜けず、朝起きてもスッキリせず、疲れた気がします。

ほどほどの寝返りはカラダのリセットになります。

寝返りは、寝ている間に行う自己整体!

人は寝ている間に無意識に動いて、居心地の良い姿勢をとろうとします。

それは日中にゆがんだカラダを元に戻そうとする自己調整の動きです。

それから
知らず知らず、寝ている時にやっている…歯の食いしばり

朝起きて歯磨きするときなど、舌の横にガタガタした歯の跡がついていませんか?

これ、かなり疲れている状態ですから要注意。

眠っても疲れがとれない……
朝起きると、すでに疲れている

こんな人は、お気軽にご相談ください。