マタニティー整体からみる、安産になるための条件。


{F7BD6CD9-227D-4D8D-8466-3A3B501F3AFC:01}

○子宮を高い位置に 

人は、四つ脚の動物と違い、膣と子宮の角度が「くの字」 になっています。

四つ脚の動物はこの角度が直線的なため、比較的安産なんだそうです。

安産になるための第一条件は、子宮と膣との角度を直線に近いものにすることです。

妊娠中、骨盤が広がり過ぎていると子宮が下がり、下腹が膨らむ傾向が強いです。

このような状態になると子宮と膣との角度が鋭角になってしまうため、安産になりにくい可能性が出やすくなります。


また、下腹だけが膨らんでいる状態だと、お腹の中の赤ちゃんは狭いお腹の中で動きづらくなります。

すると、赤ちゃんは背中と膝をずっと曲げ続けていることになり、体の硬い子どもとなる可能性が高まるのです。

*膀胱が下がり残尿感と尿モレも起こりやすくなります。


子宮が下がるという事は、お腹の横が膨らみすぎて産道が狭くなり赤ちゃんが出にくい状態になります。

 

*妊娠後期では、お腹が下垂することでソケイ部が圧迫され、静脈血の流れが悪くなりむくみの原因になります。

 

◯股関節・仙腸関節・恥骨結合を柔軟に保つ

出産時は、仙腸関節が大きく開き、恥骨も少し開きます。
恥骨結合の柔軟性は安産に繋がる。
これは、恥骨筋や内転筋が硬いと骨盤が下に引っ張られるために、出産時に正常な開き方ができなくなるからです。

安産になるためには、短時間での出産を目指したいので、仙腸関節の柔軟性をつける必要があります。そのためには股関節も柔軟性を良くしておくことが大切です。

◯排便リズムを整える
仙骨から同一の神経線維(骨盤内臓神経)で、直腸や生殖器や膀胱につながっています。

*陣痛は、排便反射と共通の神経を使っているから。
安産になるように正しい排便方法で神経の促通をめざしましょう!

やり方
排便の時に力まずに、直腸にスペースを作るイメージで一旦息を吸います。

お腹を膨らませて、そこから少しお腹を凹ませます。

スペースを作ることで、便が少し上に持ち上がってから、重力に従いゆっくり便が下りてきたところでお腹を凹ませ腹圧をかけると、自然に排便されます。