今回は、美と健康の基本中の基本、正しい姿勢、立ち方、歩き方の基本姿勢についてお話しますね。

なんでもそうですが、基本って地味でつまらないものですよね・・・

 

だけど、がまんして読んでみて下さいね。

よく言われている「姿勢を真っ直ぐ、背筋を伸ばす」というのは、どうも間違った認識をされてる事が多いです。

まるで、ハト!!ってくらい胸を突き出す人が多いです(笑)

どうしてか?っていうと、脊椎と骨盤の湾曲の角度、バランス、柔軟性には個人差があるからです。

 

とは言っても、多くの方が無意識に姿勢を良くしようとして、かえって身体に負担をかけているようです。

本来「背筋を伸ばす姿勢」とは、お腹に力を入れることです

お腹と言っても、おへその下あたりの「丹田」と言われるところです。

ちょっと、やってみて頂きたいのですが、この丹田に力を入れると自然にお尻にも力が入り、お尻の穴をしめるような感覚になりませんか?

本来、腰椎は反っているので、むやみに真っ直ぐ伸ばそうとするとより反ってしまい、腰痛の原因になってしまいます。

正しく下腹部に力が入ると、骨盤がやや後ろに回旋し、地面に対して垂直な角度を保てるようになります。

電車で立っている時や歩いている時にも実践してみて下さい。

無理に意識してクネクネ体を捻ったり、必要以上に腕をあげたり、不自然に歩く必要はないのです。

それよりも、普段からどのような姿勢でいられるかが大切です。