妊婦さんの恥骨痛

妊婦さんで、恥骨の痛みを訴えられる方がけっこういらっしゃいます。

恥骨とは骨盤の一部で、前側で壁のようになっています。

痛くなるところは、恥骨結合と言われる左右の恥骨が接するところ。

この恥骨結合は靭帯や軟骨でくっついていて、動きが出るような構造になっています。

この部位は分娩の際に胎児の頭が通る産道の軸となり、分娩の際には非常に大事な部位となります。

恥骨痛の人は歩くと恥骨のあたりが、すれるように痛いといわれる方が多いです。

妊娠時期の解決方法はあまりなく、大体の人は産科でベルトを巻くよう指導されるようです。

■恥骨痛の原因
妊娠をすると「リラキシン」というホルモンが出ます。
このホルモンは骨盤などの靭帯を緩ませる作用があり、恥骨結合も緩んできます。

その時、おなかの赤ちゃんの重みが恥骨にかかるため、恥骨の痛みを訴える妊婦さんが増えてきます。

それに、骨盤の大きさに対して、赤ちゃんの頭が大きい場合も痛みも強く感じられます。

■恥骨痛と整体
妊娠するとホルモン(リラキシン)の分泌が盛んになるため、骨盤周りの靭帯や恥骨結合の靭帯が緩むことで、負担がかかり、その恥骨結合も離開することによって痛みが出ます。

それに、恥骨付近には筋肉も多くついており、代表的な物は腹直筋や内転筋群などがあり、恥骨結合がゆがむことにより、このような筋肉が引っ張られるために痛みが出てしまいます。

また、継続している恥骨の痛みがある場合、骨盤が前傾していることによる痛みの可能性もあります。

■恥骨痛の改善

整体で恥骨痛を改善させるためのポイントは恥骨結合の動きを改善する事(骨盤の調整)です。

恥骨に痛みを持っている妊婦さんは恥骨結合が硬くなっています。

恥骨結合の付近に付着している靭帯を緩めることで恥骨の痛みも改善します。

それに、恥骨の硬さを改善することで、十分に子宮口が開き出産も楽になります。

早めの改善をオススメいたします。。