当院には「バス釣りをする方で、肘が痛くてキャスト出来ない。」という症状で来院される方がいます。

これは、通称フィッシングエルボーといわれ、テニス肘と同じような症状で、専門的には「上腕骨外側上顆炎」といいます。

この症状の原因としては、バス釣りをする際に同じ動作を繰り返すことで肘周辺の筋肉や腱が炎症して起こります。

肘を曲げるとひどく痛むので、キャストをすることが困難になってしまいます。

フィッシング・エルボーになる人が増えてる要因としては、ビッグベイトやジャイアントベイトなど、1オンス以上のルアーを一日中キャストしたり、ルアーアクションの多様化で肘に長時間負荷が掛かるためです。

例えば、パンチングなど肘を伸ばして長時間してると、肘が悲鳴をあげそうになりませんか?

(ロッドは長くなると、肘への負担はさらに大きくなります。)

また、今の時期のような冬の釣行では凍える体(肘)でキャスト動作を繰り返さなければなりませんし、バス釣りは長時間掛けて車を運転して行く事も多く、肘が固ままフィールドに着いてキャストするのも肘を痛める原因になります。

このようなフィッシング・エルボーの場合、当院では肘だけではなく、肩関節まわりの異常も疑います。

肩関節に癒着はないか、ズレはないかどうかを調べ、それから肘関節まわりを調べてから施術を適切に行う事で肘の痛みを改善に導いています。