産後の骨盤矯正は効果絶大

産後のママさんの体型を本来あるべき姿に戻す
産後の骨盤矯正が注目されているのはなぜなのか?

このHPを見てくださっている産後のママさん方に、
通常の骨盤矯正と産後の骨盤矯正の違いや、産後の骨盤矯正を始めるタイミング
産後の骨盤矯正の方法などなど・・・
詳しくご紹介していきます。

産後の骨盤矯正は必要なのか?
産後の骨盤矯正の方法について知りたい!

こんな方必見です。

ぜひ、産後の骨盤矯正を取り入れて、健康的で美しい体型をとり戻しましょう。

骨盤の大切さ

骨盤は上半身と下半身を直接つなぐ体の要(かなめ)部分です。
なので、骨盤に歪みが起こると体にさまざまな悪影響を及ぼします。
姿勢が悪くなったり、ポッコリお腹、肩こり、腰痛、むくみ、新陳代謝の低下、
生理痛など骨盤の歪みからきていることが多くあります。

骨盤矯正のメリット

骨盤は体の軸となる部分なので、骨盤を矯正することで全身へのメリットがあります。
骨盤の歪みを改善し、悪い癖を正すことで肩こりや腰痛を起こしにくい体にします。
骨盤が本来の位置に戻ることにより、内臓の働きが良くなります。
それにより、体調も良くなります。
血管やリンパの圧迫が解消されるので血流が良くなり、その結果疲れにくい体になります。
それに伴い、体温が上昇することで風邪を引きにくくなります。
リンパが改善されると、むくみも改善されお肌の調子が良くなります。

産後の骨盤矯正と通常の骨盤矯正の違いとは

通常の骨盤矯正と産後の骨盤矯正はまったく異なるものです。
通常の骨盤矯正は日常の姿勢や運動不足、内臓疲労、ストレス、体の癖などからくる骨盤のゆがみ
を本来の位置にもどす矯正になります。

それに対して、産後の骨盤矯正は、妊娠で開いてしまった骨盤をもとの正しい位置に戻す矯正です。
妊娠5、6か月くらいになると子宮が骨盤から大きくせり出してきます。
(お腹が大きくなり出す時期)
骨盤内部の圧力が高まり、骨盤上部が徐々に開き始めます。
その後、臨月を迎え出産時の陣痛が始まると、胎盤の靭帯が弛緩し骨盤下部が大きく広がり、赤ちゃんが産道を通りやすくします。
そのため帝王切開で出産した場合、骨盤上部だけが広がり、自然に出産した場合は骨盤上部・下部の両方が広がります。
この出産で開いてしまった骨盤を元に戻すのが産後の骨盤矯正です。

産後に骨盤矯正を行わないとどうなる?

出産に伴い骨盤は大きく変位します。
骨盤は本来は逆三角形をしています。
骨盤が出産の準備にはいると、恥骨は赤ちゃんが産道を通りやすいように広がって、骨盤の形は四角い形になります。
その後、出産が終わった骨盤は本来の位置へ戻ろうと体が働きます。
しかし、骨盤が広がりきってしまい元に戻すための筋肉が弱い、元々ひどく歪みがあった場合は、
本来の位置に戻すことができない人がほとんどです。

骨盤が広がったままにしておくと、内臓が下がってきてしまいます。
下がってきた内臓は本来の機能を低下させてしまい、結果として代謝が落ちて太りやすい体になってしまうのです。
(産後の下半身太りはこのためです)

内臓が下がってくることによりお腹がポッコリとなりますし、
全身のむくみや肩こり・腰痛など体中に悪影響を引き起こす危険性があります。

出産直後

まずは、骨盤の戻りをサポートすることから始めましょう。
産褥期のデリケートな状態なので腹部は押さえつけず骨盤を後ろから持ち上げ引きしめることがポイントになります。
負担のかかりがちな腰を骨盤ベルトなどでお腹はやさしく、骨盤はしっかりと支えましょう。
出産後、体調に不安がなければすぐに始めてみることが大切です。
早めのサポートで骨盤を戻す準備を始めましょう。

産後1ヵ月~

産後1ヵ月からは、骨盤を矯正して体のラインをしっかりと締めることが大切です。
美しい体型のポイントとなる、ウエストやヒップはとくに重要!
産後の骨盤矯正で、無くなってしまったウエストはより細く、垂れ下がってしまったヒップの位置はより高く、
ポッコリしたお腹をしっかりシエイプしましょう。
太りにくく、痩せやすい体作りが大切です。
この時期、まだ出産前の体重に戻りきっていないお母さんがほとんど・・・
骨盤の歪みや開きを元の位置に戻すことで代謝も少しずつ戻ってきます。
時間がかかる方もいますが、諦めないできちんと骨盤を元に戻すことが大切です。

産後の骨盤矯正・産後整体はこちらをどうぞ